top of page

鍼灸-Acupuncture-

東洋医学の本質を探る 鍼灸と漢方の融合

  • 40分
  • 3,490円より
  • Location 1

サービス内容

鍼灸では、痛みの病機を “不通則痛” と定めています。 これは気血が不通となると痛みが起こるという意味で実証に属し、経絡、関節の症状は不通則痛の状態となって起こることが多くあります。このような場合には、疎通経絡(経絡のつまりを滞りを通じる)を目的に施術します。 また、もう1つの痛みの病機には “不栄則痛” というものがあり、これは栄養されないためにおこるという意味で虚証に属します。この場合は気血を補う施術をします。 痛みもそれぞれ特徴があり、その痛みの原因を探ります。 痛み以外にも、精神的な疲労や不眠、身体のだるさなど、西洋医学では原因不明の症状にたいしても鍼灸や漢方は非常に効果的です。 鍼灸治療  一般(鍼灸のみ)            ¥4,980       一般(気になる部分の鍼灸+筋膜リリース)¥6,710       一般(全身鍼灸+上or下半身リリース)  ¥9,780       一般(全身鍼灸+全身リリース)     ¥13,740       学生                 ¥4,480       小学生以下               ¥3,490        ※初診時は初診料¥2,200 3か月空くと再診料が¥1,100かかります。 ※宇佐市の国民健康保険・後期高齢者の方は、1回800円の補助があります。 来院時に保険証と印鑑をお持ちいただくと、治療費の4,980円から補助分の800円が引かれた値段となります。


連絡先

  • 日本、大分県宇佐市江須賀


bottom of page